Urban Transport Engineering & Planning Lab. Nagaoka University of Technology

長岡技術科学大学 都市交通研究室

Thesis


論文題目をクリックすると,論文概要をダウンロードできます.
なお、博士論文については、学内の別サイトをご覧ください.
一部リンク未設定の論文がございます.
ファイルの準備が整い次第リンクを設定しますので,しばらくお待ちください.
※ファイルをご覧いただくためには「Adobe Reader」が必要です.
 お持ちでない方は下のアイコンよりダウンロード願います.

  Adobe Reader

2016年度

  卒業論文

   ・穴井智史   「ETC2.0プローブデータを利用した新潟バイパスにおける交通事故分析」


   ・大島亮    「降積雪が信号交差点の交通容量へ及ぼす影響」


   ・塩嶋耕平   「暫定2車線高速道路の効果的な付加車線長および設置位置の検討」


2015年度

  修士論文

   ・高橋広基   「高速道路整備に伴う立地の変化を考慮した貨物車OD交通量の推定と交通施策評価」


   ・高野靖大   「中山間地域への移住ニーズを踏まえた空き家バンクの利用実態と利用促進方策の評価に関する研究」


   ・古寺俊祐   「高齢者を対象とした啓発行動による危険意識と行動変化に関する研究」


   ・本藤優一   「所要時間情報に着目した長岡花火渋滞時における経路選択行動分析」


   ・楡井将真   「震災を契機とした地域づくり活動プロセスと地域維持・活性化方策の評価」


   ・南亮太郎   「三条市乗合タクシーの利用者実態と乗合推進施策の評価」


  卒業論文

   ・上野克典   「貨物輸送における時間価値の推定」


   ・小池拓也   「スマートフォンアプリを用いた路面舗装状態の簡易計測の可能性」


   ・岸田昂大   「事故発生リスク情報が運転者の選択行動に与える影響とその便益分析」


2014年度

  修士論文

   ・根川拓   「暫定2車線道路の追い越し挙動分析及び効果的な付加車線設置の検討」   *学長賞受賞


   ・加藤凜   「Social Force Modelを用いたセグウェイ挙動の再現に関する研究」


   ・鈴木拓海  「IC カードデータを用いた公共交通利用者の継続利用日数の特性に関する研究」

2013年度

  修士論文


2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度

2007年度

2006年度

修士論文

・澤田知則  「地方都市におけるカーシェアリングへの参加意識と実現可能性」

卒業論文

・林 浩二   「信号制御パラメータの改良による交通渋滞緩和効果」

2005年度

Copyright (C) UTEP All Rights Reserved.